トップ  >  賃貸契約のチェックポイント  >  重要事項説明を受け、賃貸契約を締結する

重要事項説明を受け、賃貸契約を締結する

重要事項説明は、不動産会社が法律上、義務として行う重要な手続です。
  • 重要事項説明とは、仲介や代理を行う不動産会社が(宅地建物)取引主任者をして、入居予定者に対して賃借物件や契約条件に関して重要となる事項を説明することです。
  • 重要事項説明の内容は、「対象物件に関する事項」と「取引条件に関する事項」などで、いずれも不動産会社が取引主任者をして重要事項説明書の交付を行った上で、口頭で説明を行うことが必要です。賃貸借契約を締結する前に必ず重要事項説明を受けましょう。
わからない点があったら、質問するなどして十分納得することが重要です。
  • 重要事項説明の結果、その内容に何か不明な点があれば、納得のいくまで確認をしてください。重要事項説明について、どうしても内容に納得できない場合には契約を見送るという判断もあり得ます。
契約条件が正確に契約書に反映されているかチェックしましょう。
  • 賃貸借契約では、住んでみてから初めて契約条件が自分の希望に合致していないことに気がつくというケースもありますが、事後にこれを理由に契約内容や条件を変更することは、一般的には容易ではありません。従って自分が納得できる契約条件などが、正確に契約書に反映されていることが重要です。
契約事項の主なチェックポイント
契約期間と更新の定め
賃料や管理費(共益費)の額、支払い、滞納時のルール
敷金等の精算等
禁止事項
修繕
契約の解除・借主からの解約
原状回復の範囲と内容
特約事項
使用にあたっての条件、賃料以外の費用の支払に関する内容、契約が終了した場合の内容など様々な内容も契約に含まれます。
とりわけ退去時のルールに関してはトラブルになりやすいため、その内容を事前にチェックすることが重要です。
前
入居申し込みを行いましょう
カテゴリートップ
賃貸契約のチェックポイント
次
引き渡しと入居後の注意