引き渡し

引渡しは、残金の支払い(住宅ローンによる場合には、融資の実行)と引き換えに、登記の手続き、鍵の引渡しなど行います。必要な書類や印鑑などは事前に不動産会社に確認しておきます。
  • 引渡しは、買主は残代金を支払い、売主は所有権を移転する(抵当権などを抹消する場合もある)重要な手続です。また買主が銀行ローンで購入資金を調達している場合には、融資の実行と同時に取引対象物件への抵当権の設定を行うこともあります。従って売主、買主、不動産会社の他に、銀行などの金融機関、登記手続を行う司法書士など一堂に会して行われることが一般的です。
•引渡しを行う際には、契約書や印鑑のほか、
•登記関係で必要になるもの(印鑑登録証明書、住民票、委任状等)
•所有権移転後に買主が負担する費用(年払いの税金や管理費等の精算金)
•不動産会社への仲介手数料の残金
等も必要となります。いずれかの不測により手続の一部が実施できなくなると、全体の手続が完了しないことがあるので、事前に不動産会社に確認しておきましょう。
引渡し前に約束した修繕やクリーニング、付帯設備等は事前に売主か不動産会社立会いの下で確認しておきます。
  • 既存住宅(中古住宅等)の場合には、引渡し日までに売主または不動産会社の立ち会いのもと、現場の確認をしましょう。約束した修繕やクリーニング等は完了しているか、引き継ぐ予定の付帯設備があるかなど、契約条件に沿った状態であるかをしっかり確認しましょう。また何らかの形で不備がある場合には、その対応について引渡しの前までに不動産会社と相談して確認しましょう。
  • 修繕などが遅れている等の理由で、予定の日までに引渡しができないなどの事態が生じた場合には、不動産会社を通じて、売主と対応を検討しましょう。

 

前
重要事項説明を受け、売買契約を締結する
カテゴリートップ
住宅購入のチェックポイント
次
入居