トップ  >  住宅購入のチェックポイント  >  重要事項説明を受け、売買契約を締結する

重要事項説明を受け、売買契約を締結する

重要事項説明は、住宅の購入に当たって不動産会社が法律上義務として行う重要な手続です。
  • 重要事項説明は、事前に口頭もしくは資料で提示されている物件などの説明について、契約に際して最終的に購入予定者が確認するためのものです。従って事前に受けた説明と、重要事項説明による内容とを確認し、疑問があれば不動産会社に確認しましょう。
わからない点があったら、質問するなどして十分納得することが重要です。
  • 重要事項説明の結果、その内容に何か不明な点があれば、納得のいくまで確認をしてください。重要事項説明について、どうしても内容に納得できない場合には購入を見送るという判断もあり得ます。

重要事項説明の内容のポイントの例は以下の通りです。
  • 対象物件に関する事項(登記記録に記録された内容、担保権等消滅、法令に基づく制限の内容、私道に関する制限、飲用水などのインフラの整備状況等)
  • 取引条件に関する事項(代金以外に必要な金銭、契約の解除に関する内容、手付金の保全措置、損害賠償に関する内容、瑕疵担保責任の履行に関する内容等)
 
売買契約は、一旦締結したら、正当な理由なく一方的に解除することはできません。
  • 売買契約を締結した場合、売主・買主双方が契約で定めた事項を確実に履行することを求められます。契約に当たっては、契約をするということの意味について、きちんと理解したうえで、契約締結する(契約書に署名や記名・押印をする等)ことが重要です。
  • また契約の解除の原則として、一方的に解除することはできません。解除については、
法律上、一方の当事者から解除することが認められている場合(法定解除)
契約書において、一定の場合には解除できる旨を定めた場合(特約解除)
両者の話し合いによって、契約を解除する場合(合意解除)
に限られます。契約に際しては、難しい表現や専門用語などもありますが、十分契約書の内容を理解したうえで締結しましょう。不明な点があれば不動産会社などに質問して、確認しましょう。
  •  
売買契約の締結に当たっては、書類に押す印鑑のほか、手付金なども支払うことが一般的です。その他、事前に不動産会社に確認しましょう。
  •   売買契約を締結する際には、契約書及び締結に必要な印鑑等のほかに、手付金や不動産会社に支払う仲介手数料が必要となることが通常です。事前に不動産会社に必要なものについて確認しましょう。
  • 手付金、不動産会社への仲介手数料については、事後のトラブルを避ける観点から、必ず受け渡しの際に領収証等、証拠となるものを受け取るようにしましょう。
  • 契約時に支払う手付金は、一般的には代金の20%以内程度とされています。手付金は事後のトラブルになりやすいものですので、売主・買主双方で手付金の意味について十分同意をとるようにしましょう。

※なお売主、買主がそれぞれ別の不動産会社に媒介を依頼する場合もあります。

前
住宅ローンの申し込みを行う
カテゴリートップ
住宅購入のチェックポイント
次
引き渡し