トップ  >  姶良市の不動産営業マンからのアドバイス  >  姶良市における不動産の売買や賃貸情報について

姶良市における不動産の売買や賃貸情報について

 
税金対策やマイホームのため、副収入を得るためなどの様々な理由から、不動産取引や賃貸契約が行われています。その際、土地や建物の場所がとても重要になります。なぜなら、その場所によって、大きく売買や賃貸価格が変動するからです。


では、今回は鹿児島県にある姶良市について紹介します。

まず初めに、姶良市の基本情報についてです。

鹿児島県の本土の中央部に位置するこちらの市は、2010年に3町が合併してできた新しい街です。約7万4千人の人が暮らしています。

南部平野地帯は鹿児島市のベッドタウンとして発達し、駅や国道の周辺に住宅地が広がり、国道10号姶良バイパス・加治木バイパスの周辺には郊外型の大型店舗が立ち並んでいます。

そんな都市部としての一面も持ちながら、市の面積の約65 パーセントを山林が占めています。中部平野地帯は整備された水田となっており、また北東側の霧島市と境界を接する台地の上は畑作地帯となっています

そんな姶良市内で不動産物件を探すなら、南部平野地帯で探す方が良いです。なぜなら、人口の約75%がそれらの地域に密集しており、今もなお宅地開発やマンション建設が行われているからです。

まず賃貸物件を探す方法ですが、地元の不動産会社に紹介してもらうことができます。

地域密着型の会社の方が、地元ならではの情報をたくさん把握しており、詳しく話を聞くことができます。また、これから建設されるマンションなどの情報もいち早く得ているので、新築物件を希望する人にはお勧めです。家賃相場は高くなく、単身向けからファミリー向けまで、幅広い物件があるので、無理なく探すことができます。

不動産売買の場合も、地域に繋がりがある会社の方が早く売買できます。

都会ではないので、地元のネットワークには、大手の不動産会社では立ち入れないこともあるからです。また、どの物件が近々売りに出されるか、または誰が購入してくれそうなのかという細かな情報を掴んでいることもあるので、何社か当たってみる方が良いです。土地勘がない人にとっては、特に地域に根差した会社が役立ちます。

前
姶良市で、納得のいく不動産屋を見つけるには。
カテゴリートップ
姶良市の不動産営業マンからのアドバイス
次
姶良市の不動産探しについて