トップ  >  住宅購入のチェックポイント  >  住宅購入予算を検討しましょう

住宅購入予算を検討しましょう

住宅はお家の購入代金だけではなく、様々な諸経費が掛かります。 それら諸経費を含め物件購入にはいったいいくらかかるのかを計算します。

例)新築を購入する場合、物件自体の購入費用以外に必要な費用があります。

  • 税金(不動産取得税、登録免許税、印紙税など)、登記費用
  • 住宅ローンを使用する場合にはこれに関連する費用
  • 不動産会社に仲介を依頼する場合には、仲介手数料
  • 引越にかかる費用(新たに購入する什器、内装費用等含む)

これらを含めた総額を念頭に計画を立てましょう。

購入対象がマンションか一戸建てか、あるいは分譲か既存物件かでも必要な費用は異なります。物件を選ぶ際には、この点も確認しましょう。

借りれるお金が、払えるお金ではありません。
月々に支払える金額は余裕をもって計算しましょう。住宅ローンの返済は長期に及びます。今は支払えても将来、子供に係るお金が大きくなってきたときや、定年後も支払いが続いていくことなど、ライフプランを考えて計画を立てることが必要です。
  • 自己資金より、頭金を入れることにより、当然月々のローン額は少なくなりますが、手持ちの貯金・現金すべてを頭金に入れるのではなく、いざというときの為に手元に現金を残しておく方が賢明と思いわれます。
  • 月々の住宅に関して支払う費用には、住宅ローンの返済額のほか、税金や新居での光熱費等の増加分等が含まれます。またマンションを購入する場合には、管理費や駐車場代、修繕積立金などもかかります。これらの総額でどのくらい住宅に関する費用として毎月支出が発生するか、その上でどのくらい住宅ローンの返済が可能かを整理しましょう。
  • 住宅ローンの月々の返済額の目安を立てた上で、返済期間を考慮して借入金額を計算します。住宅ローンでは、金利も返済額に大きく影響しますので、過度に低く金利を見積もらない計画を立てることが重要です。
  • 住宅ローンの返済は、一般的には長期間に及びます。ライフプランを念頭に入れた返済計画を立てましょう。例えば子供の教育資金・費用がいつ・どのくらい必要となるのか、ボーナスなどについてはどのくらい見込むことができるのか、等を十分考慮することは、無理のない返済計画を立てる上で重要です。
前
購入方針を決めましょう
カテゴリートップ
住宅購入のチェックポイント
次
物件を探しましょう