アーカイブ | RSS |
TOP

TOP : 内装壁

投稿者 : iwatahome 投稿日時: 2018-01-19 (117 ヒット)

こんにちは、イワタホーム(姶良)です。
 先週は雪がちらついたりして、とても寒かったのが一転!今週は暖かいですね。4月上旬の気温な日も。暖かいのはうれしいのですが、暖かかったり寒かったりと寒暖差が大きいと体がついていくのが大変です。しっかり食べて(太らないためにはたんぱく質メインで)体力をつけて、寒暖差に負けないようがんばりましょう!



さて、今回からは前回予告したように「壁」の話をしていきたいと思います。
壁の話、第一弾、「内装壁」です。いってみましょう♪

■ 選び方
 内装壁は、室内の壁や天井、床の最終的な仕上げを行うために重要です。デザイン性はもちろん、空間の使い方や暮らし方に適したものを選ぶのが大切です。たとえば、リビングやベッドルームには温かみのある風合いの素材を、幼い子供の部屋には汚れが落としやすいものを。インテリアの印象を大きく左右するだけではなく、常にそこに住む人と密接に関わるため性能にも考慮して選びたいですね。
 では、内装壁に使われる種類や特徴について見ていきましょう。



 ■クロス
 クロスは一般の住宅で最も多く使用されている壁材で、壁紙とも呼ばれています。メリットとしては、その種類の多さ!一万種類を超えるとも。また、内装壁の仕上げ方では、最も安価であることもメリット。クロス(壁紙)は素材によって、ビニールクロスや布クロス、紙クロスなどに大きく分かれます。

ビニールクロス
 塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシートに紙などを裏打ちしたもの。最も多く用いられている素材で、ハウスメーカーの商品住宅などでは、標準仕様となっているケースが多くみられます。施工がしやすく比較的安価なものが多いのでコストパフォーマンスに優れています。また、色やデザインのバリエーションも豊富、織物調や石目調といったプリントを施したものだけでなく、凸凹のあるエンボス加工、発泡させたタイプなども揃っています。耐久性や清掃性にも優れ、調湿性や防火性などの機能性を持たせたタイプもあります。

紙クロス
 パルプが原料の洋紙を原紙に、プリント加工やエンボス加工を施したもの。欧米では多く用いられる素材で、輸入住宅などに取り入れているケースも。植物のコウゾやミツマタを原料とした和紙、月桃の茎から繊維を取り出しパルプにした月桃紙、一年草のケナフなど原料としたものなどもあります。特に、和紙でできている紙クロスは温かみのある上品な質感で時間の経過とともに風合いが増してくるのが特徴です。調湿や消臭の作用がありますが、素材が紙なので汚れや破れることがあるので注意が必要です。

布クロス
 平織りや綾織、不織布などがあり、温かみのあるテクスチャーや重厚感が魅力です。しかし、ビニールクロスと比べると、継ぎ目が目立ちやすいので施工が難しく、価格も比較的に高めというデメリットがあります。また、ホコリを吸着しやすいので、お手入れははたきをかけるか掃除機を用いるといいです。




その他、環境への配慮からオレフィン樹脂などを用いたもの、薄くカットした天然木やコルクなどを紙と張り合わせたもの、聚楽(じゅらく)壁紙、珪藻土壁紙などもあり、その素材や加工方法などは多種多様です。また、汚れ防止や防カビ・抗菌、耐水性、ペット対策などを施した商品も増えてきているので、用いる空間に適した機能を持つ商品を選ぶことができると思います。
 
 「クロス」の話で、今日は終わってしまいました。次回、引き続き、内装材の続きを話していきます!



姶良案内所 
TEL:0995-73-3301 
FAX:0995-73-3302


週末は混み合いご案内で事務所にいない場合もございますので、事前にご予約いただくとスムーズです!!
 
姶良市のお店「イワタホーム株式会社の姶良案内所」は、姶良市加治木町にあります。
加治木バイパスのみろく交差点を蒲生方面に少し入ったところにあります。



イワタホームのHP↓↓コチラ↓↓も見てみて下さい!(^^)!
(霧島市)http://www.iwata8.jp/
(姶良市)http://www.iwatahome.net/
(鹿児島市)http://kgsm.iwatahome.net/
スマートホンからも見られます!

 


印刷用ページ