アーカイブ | RSS |
TOP

TOP : 改めて、不動産購入の流れ その2

投稿者 : iwatahome 投稿日時: 2018-04-27 (78 ヒット)

こんにちは、イワタホーム(姶良)です。
 GW間近で、なんか気分がウキウキしているのではないでしょうか。5/1・2は出勤という方はそうでもないのでしょうか。
 GWになると、出国ピークとか入国ピークとかニュースが流れますが、GWや夏冬休みに海外に行く人うらやましいです。ここ5年くらい海外にも国内旅行も行ってないです。たま〜に、県内の霧島や指宿の旅館に泊まる程度です。♪知らない街を歩いてみたい、どこか遠くへ行きたい♪「さだまさしさんの遠くへ行きたい」を歌ってみました。というか、この歌、小さいころから知っていましたが、歌っているのがさだまさしさんって今知りました。皆さん、ご存知でした?


さて、GW気分をまだ封じ込めてがんばっていきましょう。今回は、前回からの続きの回から続きの不動産取引の流れについてお話していきます。前回は、物件見学までいきましたね。
■ 不動産購入の流れ
◆ステップ4:購入申し込み
 これだ!という物件に出会えたら、「不動産購入申込書」に必要事項を記入し、購入の意思表示をします。その際、印鑑(認印)が必要になります。また、物件によっては、申込時に「申込証拠金」が必要なこともあります。これは「買います!」という意思を明確に示すために不動産会社に預けるお金で、金額は2万〜10万円程度と物件によって異なります。このお金は売買契約の時点で手付金の一部に充当され、契約に至らなかった場合には返却されます。
 次に、物件について不明な点や疑問点がある場合は、最終確認をし、具体的な価格、物件の引渡しの時期条件、支払い方法などの交渉に入ります。不動産会社を介していれば、担当者に条件を伝えれば、売主との間に入って調整してもらえます。
 住宅ローンを利用する場合には、この時点で、金融機関(民間)に融資の事前審査の申込みをします。実際の住宅ローンの申込みは、不動産売買契約成立後ですが、「契約締結後にローンが下りなかった・・・」なんてことがないように、事前に確認をします。
しかし、不動産売買契約書成立後にローンが下りなかったって事が発生しても、ローン特約の期日内であれば、契約を白紙解約にし手付金も返してもらえますので、ご安心下さい。



◆ステップ5:売買契約
 そして、ついに、売買契約を締結します!重要事項説明に納得できたら、売買契約(所有権の移転)を結びます。契約の内容はきちんと確認します。小さい文字なことが多く、わかりにくいですが、後で後悔しないためにもちゃんと確認することが大事です。また、契約時には物件価格の5%〜10%の手付金を支払います。手付金は契約成立の証拠となるお金で、買主の都合で契約を解除するときは、手付金を放棄しなくてはなりません。また、場合によっては違約金も請求されるので注意が必要です。


◆ステップ6:ローン契約
 ステップ4で事前審査の申し込みをしましたが、物件の購入後、正式に住宅ローンの申し込みをします。印鑑証明や住民票の写しなど、必要な書類が多いので、金融機関に事前に確認をしてからいくといいです。詳細については、また別の時に書きたいと思います。本審査に通れば、晴れて住宅ローンも契約となります。正式には「金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約」といい、担保となる物件に抵当権の設定をする契約も同時に行われます。


今日はここまでにしたいと思います。次回、ステップ7〜をお話していきます♪そろそろ物件の引き渡しです。
 来週は、GWなのでお休みします。2週間後にまた!


姶良案内所 
TEL:0995-73-3301 
FAX:0995-73-3302

週末は混み合いご案内で事務所にいない場合もございますので、事前にご予約いただくとスムーズです!!
姶良市のお店「イワタホーム株式会社の姶良案内所」は、姶良市加治木町にあります。
加治木バイパスのみろく交差点を蒲生方面に少し入ったところにあります。


イワタホームのHP↓↓コチラ↓↓も見てみて下さい!(^^)!
(霧島市)http://www.iwata8.jp/
(姶良市)http://www.iwatahome.net/
(鹿児島市)http://kgsm.iwatahome.net/
スマートホンからも見られます!

 


印刷用ページ